Day 68 in NPL

ネパール生活68日目☀

本当にご無沙汰してしまいました…
実はここ最近、体調を崩しておりました。

咳が止まらなくて、朝も昼も夜も身体全身が震えていました。
喉からの痛みではなく、気管支から湧き上がってくるような痛みを伴いました。

やっと起き上がれるまで回復したのと同時に、2019年も半ばの6月を迎えましたのでもう一度心を入れ替えて記録を残していきたいと思います。

・・・

毎日の出来事を、1から10まで書いているから続かないんだと思いました。

一つの物語を取り上げて残して行くことにします◎

・・・

今日は朝早くから1件用事があり、(私の大好きな街)Patanまで向かいます。
各々手続きが終了して、FREEの時間が訪れます。

didiの作るチャットパッドを食べ

daiのお店のお菓子屋さんを訪れ

本日の目的を達成することができました。

そして、帰りのバス!
いつも乗るバスなのですが、私はこのローカルバスが結構好み…

なぜかと言うと、このバスに乗ると必ずと言って良い程”面白い出逢い”があるからです。

今日も乗った瞬間から、運転席に知っている☺(顔)が!

私「AHHHH, DAI(お兄さん)!」

D「HELO,HELO(やぁ)!」

前に一度だけ彼の運転するバスに乗ったことがあるのですが、その時に沢山話しかけてくれたのが彼でした。

挨拶した次の瞬間には、私の席の心配までしてくれます。

D「Tiyo(そこね)!」

なんて、若い男の子が気を遣って席を譲ってくれました。
※ネパールでは、お年寄り>子ども>女性への優先席システムが勝手に出来上がっております。

私「Dannyabad(ありがと)」

すると、周りに居る人がどんどん話しかけて来ます。
※ネパールでは、少しでも現地語を話せると一気に仲良くなれる気がします。

「Nam K ho(名前は)?」
「Kata Jane(どこに行く)?」
「Japanese(日本人)?」
「K garune(何してる)?」
「Kina aune(なぜ来たの)?」

なんて質問攻めなのですが、これが私の日常の勉強方法になっています。

ここ首都カトマンズでは、外国人なんてそんなにめずらしい訳でもないだろうに、有名人が来たかのように反応をしてくれます。

お菓子をくれたり、荷物を持ってくれたり、時には写真まで撮られることもあります。
そんな特別扱いは必要ないのですが…

そんな帰りのバスの車内に癒され、ようやく最寄りバス停に到着。

私「Bhai(お兄さん)!」

と言って、Rs.20(¥20)渡すと

B「Oi(はい)!」

と、Rs.10(¥10)帰ってきました。

ローカルバスの運賃は、距離で決まります。
運転手の他に、必ずもう1人運賃番のスタッフが乗車していて、手渡し清算です。

ここまでの運賃は正規価格のRs.20であることは、もちろん知っています!

私「No no(違う違う)!」

と言って、おつりを返そうとすると

B「Tikca(大丈夫)」

と言って、バスは行ってしまいました。

周りのお客さんも、そんなやり取りに何の疑問も持たないようで、笑顔で手を振ってくれました。

・・・

ネパールでは、まだ価格が定まっているところは少ないようです。
商品の値札はまちまち、口頭での売買交渉が当たり前です。

特に、外国人であれば何倍もの価格を提示されることも多いのが現実です。

だから、こんな交通機関の(超利己的な)サービスがあろうとは思いもしなかったのです。

こちらに来たばかりの頃は、どれだけ吹っ掛けられているのだろうと警戒心こそありましたが、最近はそれも解けています。

そうなれたのは、2つ!

①ネパール語が話せる


現地慣れしていればしているほど、商売人たちに対しては融通が効きます。
少しでも、ネパール語を話せるだけで、なぜか価格は低く提示されるように感じます。

ネパールは元々親日な傾向はありますが、こちらも親ネであることを伝えることには大きな意味があるようです。その一つの表現方法が言語だと思います。

②笑顔を絶やさない


ネパールでは、言葉よりも表情で会話をするように感じます。
目と目を合わせて、口角を上げるだけでどこか繋がれたような心地がします。

とりあえず、笑顔で話しかければ相手も悪い気はしません。必要以上にぼったくろうとも考えることがなくなるはず…

私はここにいると、何も考えずとも笑顔になれます。
というよりも嘘をつかずに素直に居られるので、勝手に笑顔になれているようです。

そんな2つの要素があり、着々と現地慣れし始めております。

・・・

日々の出来事の中で、”気づかされること”と”振り返るべきこと”が同時にやって来ます。
ネパールから学ばせてもらっていることが多いです。

人として成長できる環境が、此処にはあるように感じます。

私が私として成長するために、もう少しネパールで頑張ることができそうです。

2019年も残り半分の節目!
毎日を清く正しく生きるのが、この下半期の目標です◎

ブログの更新、これからもう一度本腰入れて頑張りますので、応援いただけますと幸いです。
今後とも、何卒よろしくお願いします☀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。