【2019年度 Bishwa Bhasha Campus入学方法】

Tribhuvan University,Bishwa Bhasha Campus(以下、ビソバサキャンパス)の入学方法を共有させていいただきます。
これから入学を考えている方のお役に立てましたら幸いです◎

・・・

Ⅰビソバサキャンパスについて


ネパールの首都カトマンズにある、ビソバサキャンパスは国立トリブバン大学に所属する60校のうちの1校です。
唯一言語学を学べる認定のキャンパスとなっています。

【場所】

【電話番号】
04226713/04228916

【メール】
bishwabiva@wlink.com.np

・・・

Ⅱ入学手続きの流れ

たったのこれだけの工程ですが、その内容を知っていないとかなり時間がかかってしまいます。
そして、事前(日本出発前に)準備しておかなければいけない書類もありますので、ご確認ください。

・・・

(1)入学申込書をもらう

受付は、ビソバサキャンパス(赤建物の4階)のお部屋です。

ドアにOPENは午前11時~午後2時と貼ってありますが、こちらの情報が活かされているかは不明です。
ただ、いつも担当のdidi(お姉さん)が居るとは限らず、「また明日来てね」と言われることが何度もありました。

部屋に入って、左側に入学手続きのカウンターがあります。

こちらで、「入学したい」という旨を伝えるとdidiが説明をしてくれます。

横の壁に必要な書類一覧が貼ってありました。

こちらを写真に残しておくと良いと思います。
ただ、こちらの情報も手書きで書き足されている内容もありましたので、どれが最新で正しいのか確認する必要があります。

入学申込書の支払い用紙をもらえるので、まずこちらを支払います。


大学に面した道路を左に進むとATMがありますので、こちらで行えます。

Rs.1000を支払います。(Rs.500は申込書代、残りRs.500は銀行への口座開設用レターのためと言われました。)

支払いが終わったら、レシートを受け取ってdidiのところへ戻ります。

そして次の3つの書類を渡されます。
①ビソバサキャンパス説明書/申込み用
②銀行口座開設のレター
②入学金支払い用紙

プラス、以下の書類を揃えるように言われます。
④パスポート原本+コピー:2枚
⑤大使館発行のNo Objection Letter:2枚
⑥最終学位証明書(英文)
⑦写真:3枚
⑧パスポートVISA有効ページコピー:2枚
⑨開設口座の残高(US$2000≒Rs.amount)証明書
⑩Nabil Bank支払いの入学金$500証明書:2枚

それぞれについて詳細を記入します。

・・・

(2)必要書類を揃える

上から、入手しやすい順番になっておりますので、すぐに準備できるものは揃えておくと良いと思います。

①ビソバサキャンパス説明書申込み用紙
(所要時間:15分)

申込み用紙2枚に同じ内容を記入します。どちらも提出になります。

④パスポート原本+コピー:2枚
(所要時間:10分)

ネパールではRs.3~5程で街中でコピーしてもらえます。
気軽に聞いてみてください。

⑤大使館発行のNo Objection Letter:2枚
(所要時間:10分)

ネパールに滞在を考えられている方は、こちら(PDF)の用紙を多めに持っていた方が良いかと思います。
大使館に行くともらえますが、WEBサイトからも簡単にダウンロードができます。
様々な手続きの場面で外国人に求められる「同意書」のような意味を持ちます。
詳細についてはこちら(大使館ページ)から!

⑥最終学位証明書(英文)
(所要時間:各大学による)
大学/大学院などで発行される英文の証明書になります。
各大学の事務局で準備できると思いますが、時間がかかってしまうので早めに準備をしていください。

どうやら、今年度から必要になった証明書のようです…
私は準備しておらずとても焦りました。母校の大学に問合せて、なんとか入手できました。

⑦写真:3枚
(所要時間:30分)
パスポートサイズの写真を4枚準備すると良いと思います。
※1枚は銀行口座開設の際に必要になります。

街中の写真屋さんで4枚Rs.200~300程で撮ってくれます。
私はこちらを利用しました。

⑧パスポートVISA有効ページコピー:2枚
(所要時間:30分~)
VISAの延長は大学入学日までの日数が必要となりますので、Immigration Officeで行ってください。

【場所】

手続き方法はとても簡単!
Online申請→カウンターで受付→VISA代支払い→延長VISA取得

ただし、時間がかかる場合がありますので、余裕を持てる時に行くのがおすすめです。
私は2時間ほど待ちました。
※因みに、Immigration OfficeにFREE WIFIはありますが、なぜかiPhoneは対応していないと言われました。

⑨開設口座の残高(US$2000≒Rs.amount)証明書
(所要時間:3日)
ここが一番時間がかかりますので、余裕を持って準備が必要です。

大学から受け取った②銀行口座開設のレターと写真を持って、Nabil Bank Head Officeに行きます。

Nabil Bankであればどこでも大丈夫だと思いますが、こちらをおすすめします。

【場所】

まず、Informationへ行き、口座開設をしたいという旨を伝えます。
何枚にも重なった申込書を書くことになるので、必要最低限の情報はすぐに記入できるようにすると良いと思います。

滞在中の場所の地図を描かされました。写真もここで必要になります。

書き終えたら、地下1階に降りて右側4・5番カウンターで手続きを行います。

問題なく終えると、「明日以降で口座の利用ができます。」と言われます。
はい、また明日です!

翌日以降、もう一度Officeに行き、自分の口座へ必要残高を入金します。
US$またはNPRs.のどちらでも大丈夫だと思いますが、私は日本Yen→Rs.に換金して入金しました。
こちらの入金は、用紙に必要事項を書いて、窓口で手続きを行います。

現在のレートでNPR.230,000。残高証明は、その時のレートにより変動するので少し多めに入金しておくのが良いと思います。

問題なく終えると、「残高証明書(Bank statement)の発行は明日以降です。」と言われます。
はい、また明日です!

翌日以降、地下1階に降りて右側1番カウンターで手続きを行います。
口座番号とサインなどを行った後、すぐに残高証明書を受け取ることができます。
やっと終了です!

因みに、この残高証明書もビソバサキャンパス提出の少し前に取った方が良いと思います。
証明書も必ず2枚コピーを取ってください。

⑩Nabil Bank支払いの入学金$500証明書:2枚
(所要時間:1時間程度)
大学から受け取った②入学金支払い用紙を持って、Nabil Bank行います。
(Bankアカウント:0110214194401/campus of international language)
入学金は必ずUS$500が必要になりますので、事前に換金して準備をしておく必要があります。
ネパールはUS$のフェアな換金はあまり行っておらず、少し高いレートで購入するというような感じです。
私の場合、Rs.56,000→US$500で購入しました。

ここで、注意なのが振込用紙は3枚綴りとなっており、それぞれにカーボン紙を引いて複写ししてください。
振込後に確認印をもらい、複写した2枚(黄色、ピンク色)の用紙を必ず受け取ってください。

どちらもビソバサキャンパス側に提出する必要があります。

・・・

(3)必要書類提出

①~⑩までが全部揃ったら、もう一度ビソバサキャンパスのdidiの元へ!

書類の確認が終わると、手続き完了の証明書が発行されます。
これがとっても大事!「絶対失くさないでね。」と言われます。

そして、夏のセメスターの1週間前にもう一度こちらを訪れて手続きをする必要があるようです。

兎にも角にも、ここまで来れば入学手続き完了です。
本当にお疲れ様でした。

どの工程でも、予想外のことが次々に起こります。
ネパールスタイルに慣れつつも、突き通すところは強気で進めてください。

入学方法は常時変わりますので、最新情報を得られるとよりスムーズかと思います。

・・・

Ⅲ注意事項

入学申込み期限には、十分に注意してください。締切日を過ぎると、追加料金がかかってしまいます。
夏セメスターの場合5月末日まで、6月1日~末日だとUS$100
冬セメスターの場合12月末日まで、1月1日~末日だとUS$100
それ以降の入学手続き方法は、不明(または不可)です。

・・・

こぼれ話ですが、ビソバサキャンパスの入学手続きは本当に沢山のところでつまづきます。
私がdidiのところに行った時も、沢山の外国人入学希望者がいらっしゃいましたが、何かが足りなくて受け付けてもらえない現場を沢山見ました。
「なんでこんなにも、みんな不具合が多いのよ!私はどうしたら良いのよ!」とdidiがつぶやいていたのが、忘れられません。

どうか、ビソバサキャンパスにとっても、これから入学される皆さんにとってもスムーズな手続きになりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。